転職サイトとハローワークの大きな違いとは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ハローワークの定義
皆さんの身近にあるハローワーク、正式名称は「公共職業安定所」といい、国が国民に安定した雇用を提供する目的で設置されている行政の機関です。正社員やパートタイマー、アルバイト、契約社員と言った様々な雇用形態の求人を閲覧することができます。現在は求人情報がコンピュータ化され、全国のどのハローワークで受理された求人情報であっても、地域を問わず閲覧することが可能です。希望する求人を見つけたら、求人票を印刷し窓口に持っていきます。求人票に書かれた情報を確認し、担当職員が求人を出している企業に電話をかけ、面接の予約を行ってくれるという流れで職業紹介が行われます。

転職サイトがハローワークより良いと言われる理由
今は自宅に居ながら転職サイトを閲覧して求人を探せる時代です。転職サイトとハローワークの求人は必ずしも同じとは限らず、どちらに掲載するか、両方に掲載するかは企業の自由です。ただし、転職サイトに求人情報を掲載するためには費用が掛かります。有料で求人を出すのか、無料でハローワークに求人を出すのかという点が転職サイトとハローワークの大きな違いです。お金をかけてまで求人をかけるということは、企業もそれだけ真剣に人材を探したいと思っている証です。また、企業も反響がある転職サイトに求人を載せた方が人が集まりやすいことを知っていますから、多くの人が訪れている大手の転職サイトには求人情報が集まりやすいのです。

両方を上手く利用するコツ
ハローワークの方にも強みはあります。ハローワークは地元の企業の求人情報に強く、転職サイトがカバーしきれない地元の優良中小企業に出会える可能性が高いというメリットがあります。両方を上手に使いこなすには、まずは転職サイトに登録して希望にマッチする求人情報が届くのを待ちます。同時に時間を見つけてハローワークに通い、地元の企業の求人を調べておきます。どちらからも良い求人情報を見つけることができたら面接の約束をしてもらいます。どちらも合格したら、どちらかを断らなければいけませんが、応募できる企業の数は倍になりますので効率の良い転職活動を進めることができます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。