転職サイトとエージェントを比較!どっちが使える?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

転職サイトとエージェントの違い

転職サイトとエージェントの違いについては、多くの求職者にとって、興味深いテーマとして捉えられることがあり、短期間のうちに信頼のおける媒体を使いこなすことがとてもおすすめです。

特に、転職サイトの利用価値の高さに関しては、若年層の人々にとって、欠かせない事柄としてみなされており、いざという時の為に、役立つ情報を得ることが良いでしょう。
また、エージェントの正しい利用方法については、すぐに把握をすることが難しいとされ、定期的に同世代の人々のレビューを参考にすることが有効です。

転職サイトやエージェントの活用術は、求人情報誌や口コミサイトなどに度々掲載されるようになっており、仕事や家事などの空き時間を使いながら、便利な知識を身につけることが可能です。
そして、転職サイトの利用のタイミングについては、一般の人々にとって、分かりにくいことがあるため、常日ごろから担当者とコンタクトを取ることが成功の秘訣です。

転職サイトのメリット

転職サイトを利用することで得られるメリットは、様々な情報を集めることが出来ることです。一般には公開されていない求人を見ることが出来たり、就職先の情報をいち早く掴むことが出来ます。企業がまだ公開していない求人が掲載されることがあるので、サイトを利用していればすぐに情報を掴むことが出来ます。

また転職サイトにはスカウトの機能があり、自分が登録しているプロフィールを見た担当者から採用情報を受け取ることも出来ます。一つの職種に特化しているサイトでは、業界ならではの求人や情報が掲載されているので転職活動が有効になります。

気になる求人や企業があったときにはアドバイザーから職場の雰囲気を聞くことが出来たり、働きやすい環境なのかを細かく教えて貰うことが出来ます。採用面接のときには担当者が同行してくれたり、試験の対策を教えてくれるのもメリットの一つです。勤務形態や時間、収入についても担当者が交渉してくれるので、自分の希望が通りやすくなります。

転職サイトのデメリット

転職希望者が転職サイトを利用する際に留意する点があります。

転職サイトは、利用者数を増やすとともに、就職率を高めることを目指しています。利用者にとっては、あらゆる面で徹底したお膳立てを施して、スムーズな転職活動がおこなわれるようにアレンジしています。ただ、そのスムーズさの中に、早期採用を確保することが含まれていることがあります。利用者の希望職種、職場に対して、適性検査などを通じて導き出した結果に基づいて、出来るだけ採用されやすい企業を紹介してしまうケースはゼロではありません。

確かに、スムーズに事は運びましたが、実際に勤め始めてみますと、希望していた仕事内容、職場環境と異なることに気付かされる場合があります。

このような食い違いを避けるためにも、転職サイトの登録時に相談の機会を設けて、利用者としての意思をしっかりと伝えていくことが大切になります。転職サイトのメリットをフル活用することに努める必要があります。

転職エージェントのメリット

転職エージェントのメリットですが、非公開求人に応募することができます。非公開求人というのは、求人情報誌などに公開されていない情報のことです。非公開求人の中から、転職エージェントが求職者に合った求人を紹介してくれます。

最も大きなメリットは、転職エージェントのサポートを受けられることでしょう。スケジュールの調整にはじまり、面接や履歴書の書き方などを教えてもらえます。自分ひとりで転職活動を行うよりも時間を有効に使うことができますし、気づけないことをアドバイスしてもらえる可能性があります。自分の長所や適性についても、客観的にアドバイスしてもらうことができるので、採用されやすくなるかもしれません。

自分で転職活動する場合は、企業との交渉などはできませんが、転職エージェントが間に入ることで、条件面に関する交渉を行うことも可能です。就職するまでそばで励ましてくれる人がいることで、精神的に落ち着くことができるでしょう。

転職エージェントのデメリット

転職活動を行う際、現職で働きながら進める場合時間がなくとても忙しい状況の中で進めていかなければなりません。そのような時に非常に便利なのが、転職エージェントです。転職エージェントを通して企業にエントリーしたり、エージェント側からおすすめの求人を紹介してくれたりします。

しかし、転職エージェントにもデメリットがあります。エージェント側から紹介してくる求人の中には、その会社の関連会社の求人などもあり、求職者側の意図に合わない仕事も多く紹介されます。それらを断りつつ、本当に興味のある仕事だけに応募していく必要があるので選別が必要になります。

また、エージェント側の担当者によってはあまり相性が合わずうまく転職活動が進められない場合もあります。例えば自分が進みたい業界、業種を鼻から否定されてしまったり、希望職種そのものを変えた方がいい、とアドバイスされる場合もあります。自分がいきたい企業が大体確定している場合はエージェントを登録する必要はないかと思います。

転職サイトとエージェントの比較サイト・・・おすすめ転職サイト比較ランキング!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。