転職サイトはブラックばかりって本当?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

転職サイトの求人は全部ブラック?
転職サイトにはブラックばかりという噂が流れていますが、これは間違っている情報です。世の中には悪質なブラック企業というものが確かに存在して、常に人材不足になるので求人を出していますが、中にはお金を掛けたくないがために無料で利用できるハローワークに度々求人を出している企業もあります。転職サイトは求人の絶対数がハローワークよりも多いので、ブラック企業に出会う可能性が高いために「転職サイトにはブラックが多い」という噂が流れたのではないでしょうか。ハローワークだから大丈夫とか、あの転職サイトは大丈夫、ということは言い切れないのです。

求人情報のどこを見れば見抜けるのか
100%ブラックだと確信を持つ見抜き方はありませんが(入社してみないと分からないことも多いため)、求人情報からも読み取れることはあります。まず、給料が他の企業と比較して明らかに高すぎる場合。ノルマ制だったり、残業代が含まれていたりと何か裏があることが多いので気をつけましょう。また、常に求人を出しているところは人が長続きしないところかもしれません。ハローワークの場合、応募の履歴や退職者からの情報を職員がよく知っていることもありますので、気になる企業があれば直接聞いてみましょう。ボーナスや有給についてもあいまいな書き方をしていたり、相場よりもはるかに多く書かれいたりする時も少し疑ってみた方が良いでしょう。

面接でブラックを見抜く方法
求人情報という紙面よりも、実際に面接を受けてみるとブラック企業かどうか、はるかに分かりやすいです。面接官の態度が異常に高圧的であったり、反対に異常に無気力であったりする場合。社会人として、面接官として明らかに態度がおかしい場合は気をつけてください。やたらと「精神論」を説く企業も要注意です。入社したらその精神論を振りかざして、サービス残業や休日出勤を強要してくる可能性は高いです。面接が企業の一室で行われた場合、通りすがりに会社の中はどのような状態かもチェックしておきましょう。不潔な感じや暗い感じ、社員のモチベーションが低い気がすればブラック企業の可能性が高いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。